悩みのヒント やりたいことができない

 「やりたいことができない」という人がいます。
 「やりたいことをやる」ことは、幸せになる方法の一つです。
 できることなら、やれるように考えられたら、と思います。

 このページの内容を「やりたいことのヒント」のほうに
 わかりやすくまとめ直しました。


1.やってみなければわからないこと
 実際にやってみなければわからないことがあります。
 まず、やってみてどんな感じがするか。これは実感するしかないのではないでしょうか。
 次に、自分が今どのぐらいできるのか。もしかしたら、やってみればけっこうできることかもしれません。できない場合、到底自分にはできそうもないことか、努力すればできそうなことかも、察しがつくのではないでしょうか。

 ある程度やってみなければわからないこともあります。
 ある程度うまくできるようにならないと、本当のおもしろさはわからないでしょう。
 うまくできた時の喜びや、人からほめられたり評価されたり感謝されたりした時の喜びなどを実感することで、それをやることの価値がわかるのだと思います。
 また、そのことが自分に合っているか・向いているかというのも、ある程度やってみないとわからないのではないでしょうか。

 本当にやりたいことは、相当にやってからでないとわからないのかもしれません。
 簡単にできることには、やりがいは感じられないでしょう。難しいからおもしろい・やりがいを感じられるということがあります。それを努力や工夫で成し遂げた時の喜びも(自信も)大きいのだと思います。
 何かをやっていくうちに、自分なりの愉しみや喜びを感じられるようになり、どんどんのめり込んでいくこともあります。

 とにかくやってみなければ、やりたいことは見つからないのではないでしょうか。
 ちょっとやってみたいことや少しでも興味があることがあったら、試しにやってみてはどうでしょうか。

2.やれないことはある
 やりたくてもやれないことはあります。
 時間がない、経済的な余裕がない、反対する人がいる、・・・。
 様々な理由で、できないことがあるのはしかたがありません。

 一つのやりたいことができないだけで「やりたいことができない」「夢をあきらめた」などと言って、やりたいことを何もしない(探そうとしない)のは自分のためによくないと思います。
 やりたいことは探せば他にも見つかるはずです。
 自分のやりたいことを見つけて、やらせてあげたほうがいいと思います。

  やりたいことだけをやって生きようって言ってるんじゃないよ。
  自分にできないことをやろうって言ってるんでもないよ。
  自分にできそうなやりたいことを、とりあえず一つやればいいんだよ。

 今自分にできるやりたいことを、とりあえず一つやればいいのです。
 自分にできるやりたいことを一つ一つやっていけばいいのです。

 一つのやりたいことがやれないのを嘆いていてもしかたがありません。
 「(今は)やらない」という自分の決断を尊重してあげることが大事だと思います。
 「やらない」と決めたことについて考えるより、今できるやりたいことについて考えたほうがいいのではないでしょうか。

3.やれるように考える
 「今できるやりたいこと」を探すことが大切です。
 でも、簡単に「今はできない」と決めてしまわないほうがいいでしょう。
 本当にやりたいことなら、なんとかやれるように一所懸命に考えてあげたほうがいいと思います。

 やりたいことをやれるようにするための第一の方法は、やれない理由を克服する方法を考えることです。
 たとえば、「時間がない」「忙しい」という場合には、生活の中になんとかやる時間をつくる方法を考えたり、長期間かけてやる方法を考えてみる。本当にやりたいことなら、忙しくてもできるのではないでしょうか。
 「経済的な余裕がない」という場合には、節約や他の事を削ることによってやりたいことをやる資金をなんとか生み出せないか? できるだけお金をかけないでやる方法はないか? などと考えてみる。
 「反対している人がいる」という場合には、ねばり強くお願いしてみたり、なんとか説得する方法を考える。
 やらない言い訳を考えるより、どうしたらやれるかを考えよう。

  「やれなかった やらなかった どっちかな」(相田みつを)

 やろうかどうしようか迷っている場合には、自分のやりたい気もちを大切にして、「どうしてやれないのか?」「どうしたらやれるか?」を一所懸命に考えて最終的には勇気をだせば、やれることはきっとあるはずです。
 決断するために役立つ考え方も参考にしてみてください。

 やりたいことを一つ一つやれるように努力してみてはどうでしょうか。一つでも自分のやりたいことがやれていると実感できれば、イキイキと生活できるのではないでしょうか。

4.やれる幸せ
 やりたいことがやれるのは、それだけでも幸せなことです。
 やりたいことがない人は、自分がやりたいことを探して、やれるように考えましょう。
 やりたいことが一つでも二つでもやれている人は、そのことを幸せに思いましょう。
 そのことをやる前後にでも、一日の終わりにでも、「やりたいことがやれて幸せ」と思うようにしましょう。

 やりたいことをやる時には、できるだけ愉しみましょう。
 楽しいことやうれしいことがあったら、素直に喜ぶようにしましょう。
 愉しむための工夫や努力をしてみよう。
 やりたいことに、何か(小さな)目標を設定してみるといいかもしれません。目標を達成したら喜びましょう。
 やりたいことをやる中では、大変なことや困難なこともあるかもしれません。大変なことをやるから充実感を感じられるし、困難があるからやりがいを感じられるということもあります。そういうことを乗り越えた時の幸福感はそれだけ大きいのではないでしょうか。
 「いい経験をするつもりでやってみよう」と考えれば、できることもあるかもしれません。

 いろいろとやりたいことはあるでしょうが、今の自分にできることの中から、自分の(幸せの)価値基準で選んでやっていけばいいのです。
 生活の中にやりたいことを増やしていけば、その分やらなくてもいいことややりたくないことが自然に減っていくのではないでしょうか。それだけ、自分らしく幸せに生きられるようになるのだと思います。
 「やりたいことをやる」ことは、幸せになる方法の基本ではないかと思います。


 「やりたいことがわからない

    夢や目標の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ