悩みのヒント 夫婦ゲンカ/議論/話し合い


 夫婦が話し合いをすることはすごくいいことだと思います。ちゃんと(心で)向き合って話ができないようでは、幸せのパートナーとしてはふさわしくないかもしれません。
 もっとも、相手がとてもしっかりしていてすべて任せておけば自分を幸せにしてくれるとか、反対に相手はすべて自分に任せてくれるから自分の思い通りにできるとかいうのなら問題はないのでしょう。夫婦の間で役割分担ができていて互いに納得していれば、そんなに話し合う必要はないのかもしれません。

 話し合いで難しいのは、意見が違った時に議論になりケンカになってしまうことです。感情にまかせて暴言や暴力で相手を傷つけてしまうこともあります。それが原因で関係が悪化してしまうこともあります。
 ケンカをしても互いにすぐにサラッと水に流せて、すぐに仲直りできる関係ならいいのですが、ケンカが後を引いてしまいがちな人も多いと思います。

 「ケンカは避けたい」と思うのなら、自分の感情をコントロールして危なくなったら自分から引くことが大切です。感情をコントロールするためには「ハオハオ」を使って(心の中で「ハオハオ」と言いながら)相手の話を聞くことをおすすめします。ケンカは一方が引けば小さいうちにおさめることができます。「ケンカはよそう」「ちょっと考えさせて」などと言ったり、相手と離れるようにしたりできればいいと思います。
 長いつきあいになるのですから、相手の性格やクセを知り、こういう言い方はしないほうがいい、こういう言葉を言ってはいけないというようなことは1つずつ学んでいったほうがいいでしょう。いつも同じパターンでケンカを繰り返してしまう夫婦も多いのではないかと思います。

 ケンカをして気まずい関係になってしまった場合には、「まず自分から」と謝ったり仲直りを提案できたらいいと思います。

    人間関係の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ