悩みのヒント 「会話が苦手」の3つのケース

 会話が苦手な人には、おもに3つのケースがあるようです。
(1)会話が続かない
 何を話していいかわからない・話題がない・会話が途切れる・間がもたないなどに気づき、あせってしまい、気まずい雰囲気を感じてしまう。沈黙を怖れてしまう人がいます。話がはずまない・ウケが悪いことを気にしてしまう人もいます。そのために、落ち込んでしまったり、人づきあいをわずらわしく思ったりしてしまうことがあります。

(2)話題が合わない
 人の話題がつまらない・興味がないと思ってしまうことがあります。
 世間話・形だけの会話・無意味な会話などを嫌う人がいます。反対に、まじめな話・相談事などをイヤがる人もいます。
 人の悪口・うわさ話・自慢話ばかりをする人の話を聞くのがイヤだという人もいます。
 人との会話が楽しくない・価値がないなどと考えてしまう人がいます。自分に合わない話題はしたくない、人に話を合わせるのは疲れる・イヤだと考えてしまう人もいます。

(3)人と話すのが怖い
 人と向かい合って話をするとすごく緊張していまう人がいます。ドキドキしたり赤面したりしてすごくあせってしまう人もいます。相手と視線を合わせるのが苦手という人もいます。
 また、相手にどう思われるかが怖くて思うように話せない人がいます。そのために、自分を出せない・心を開けないなどと悩んでしまう人もいます。

 (1)のケースの人には、「会話が途切れてはいけない」「話をはずませたい」「人とうまく会話できないのは欠点だ」というような思いがあるようです。
 (2)のケースの人には、「価値のない会話はムダだ」「深い話ができる相手がほしい」「ムリして人に話を合わせる必要があるのだろうか」などの思いがあるように思います。
 (3)のケースの人には、「人に嫌われたくない」「人によく思われたい」などの思いがあるように思います。


    人と会話するのが苦手

人間関係の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ