悩みのヒント 嫌われている/(誰かから)冷たくされる


 誰か特定の相手から「冷たくされている」と感じて、つらい思いをしてしまう人がいます。相手の態度が冷たい、避けられている、何かに誘ってくれない、何か(あいさつなど)をしてくれないなど。
 そういうことから、「(自分が相手に)嫌われているのではないか」と考えてしまう人もいます。
 「(誰かに)冷たくされる/嫌われている」と思ってしまった場合に、どうしたらいいかを考えてみることにします。

1.気にしすぎ?
 まず考えてみたほうがいいのは、「(自分が)気にしすぎではないか?」ということです。
 「自分さえ気にしなければ、特に問題はないのではないか」と思えるのなら、ちょっと気になることがあってもそのことを自分が考えないようにすればつらい思いはしなくてもすむのではないでしょうか。

 世の中にはいろんな人がいます。
 無口で会話が苦手な人もいます。あいさつがうまくできない人もしない人もいます。
 人見知りの人もいます。相手と親しくならないとうまくつきあえない人もいます。
 人の好き嫌いが激しい人もいます。相手によって態度が変わる人もいます。人に対する偏見がある人も、思いこみが激しい人も、気分屋の人もいます。
 人づきあいが苦手だったり、ひとりが好きなどの理由で、人とのつきあいを避ける人もいます。

 みんながやさしく、思いやりがあるとは限らないのです。また、歳をとっているから人間ができているとも限らないのです。
 人にやさしさを期待しずきると、そうでない人と接した際に冷たさを感じやすいでしょう。

 人が自分をどう思っているかは確かにはわかりません。それを自分が勝手に「嫌われている」などと想像してつらい思いをしてしまうのはどうかと思います。その想像は間違っているかもしれないし、たとえ嫌っているとしてもそれは相手の問題ではないでしょうか。「人の目」については書いたことがあります。

 世の中にはいろんな人がいます。ちょっと冷たい感じがしても、気にしないで、それなりにつきあえればいいのではないでしょうか。
 また、単に現状は親しくないということかもしれません。最初は冷たい感じがしたが仲良くなったらそんなことはなかったという経験がある人も多いのではないでしょうか。

2.関係をよくする努力をする
 冷たいと感じるのは関係がよくないからと考えれば、関係をよくしようと考えるのが前向きな考え方です。
 反対に、相手の冷たい態度を感じた時に、「相手がそうなら自分も」と考えて、自分も一歩退いた(冷たい)態度を相手にとったら、関係がさらに冷えてしまうのは必然でしょう。(相手と距離を置くことを自分が選択するのなら、それでいいと思います)

 相手との関係をよくしたいと思うのなら、そのための努力をするのはいいことです。
 関係をよくする方法について、こちらなどを参考にしてください。

 関係をよくするための努力をしても、相手にもよりますので、うまくいかないこともあるでしょう。でも、それは相手の問題であって、落ち込むことはありません。むしろ、そういう努力をした自分をほめてあげてもいいのではないでしょうか。
 また、そういう場合には、何か原因があるのかもしれません。

3.原因を探ること
 あからさまに冷たくされるのには何か原因があるのでしょう。
 それは、自分の問題か、相手の問題か、他の第三者の(カゲ口などの)問題か、何か仲間意識の(仲間はずれなどの)問題なのかもしれません。

 もし、自分に思い当たることがあって、自分に何かできることがある場合には(たとえば、自分が相手に何か悪い事をしてしまったのなら謝るとか)、そうしたほうがいいでしょう。
 でも、特に思い当たることがない場合には、あまり原因を考えないほうがいいでしょう。いずれにしても(自分を含めた)誰かを悪く考えることになり、イヤな気もちになると思います。また、それはあくまでも推測であって、正しいとは限りません。そんな不確かなことでイヤな思いをするのは、一人相撲を取っているようなもので、バカらしいのではないでしょうか。

 1.で書いたように気にしなければいいのですが、どうしても原因を知りたいのなら、誰かまわりの人に間接的に聞いてみるか、相手に直接聞いてみるしかないと思います。
 もし、誰かに誤解があることがわかれば、その誤解を解くことは可能でしょう。
 ただし、原因を知っても解決できない場合もあります。

 「人がどう思うかは相手の問題」「人は人、自分は自分」のように考えて、多少気になることはあっても苦にせずに、幸せに暮らすことを心がけたほうがいいと思います。

    人間関係の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ