悩みのヒント 人づきあいをことわれない


 人から何かに誘われた時や何かを頼まれた時に、あまり気がすすまない場合があると思います。
 そんな時、なかなか「ことわれない」という人もいます。それでイヤイヤやると、楽しくないし、余計に気疲れしてしまうこともあります。
 反対に、思い切ってことわったけど、何かあと味が悪くて、後悔してしまうこともあります。
 今週は「人づきあいをことわれない」という悩みについて考えてみることにします。

1.ことわれない理由、あと味の悪さの原因
 人からの誘いをなかなかことわれない理由は何でしょうか?
 また、ことわった時のあと味の悪さの原因は何でしょうか?

 一つは、せっかく誘ってくれた相手に「すまない」気もちや「相手に悪い」というような思いがあるのではないでしょうか。
 ことわれない理由としては、「ことわり方が難しい」と考えてしまう場合があります。また、ことわったあとに、「ことわり方」を相手にどう思われたかが気になってしまう場合もあります。

 誰にも「人と仲よくしたい」「仲間はずれになりたくない」というような思いはあると思います。
 また、「人に悪く思われたくない」「いい人だと思われたい」「人に好かれたい」というような思いも心の中にあるでしょう。
 このような思いが、ことわるのを心理的に難しくしているのかもしれません。

2.ことわるのは悪いこと?
 人づきあいをことわるのは悪いことでしょうか?
 そんなことはないはずです。つきあうかどうかは個人の自由であり、強制されるものではないと思います。

 本来なら、個人の意思が尊重されればいいのですが、中にはそれが気にくわない人も、「つきあいが悪い」と言う人も、仲間はずれのようなことをする人もけっこういます。
 それは、しかたがありません。
 また、それは「相手の問題」だと思います。

 ことわるかどうかは、自分が何を大切にするかという選択の問題と考えたほうがいいと思います。
 他に優先したいことがあれば、それを選ぶのはいいことです。

 「ことわるのは悪いこと」と考えるのはやめたほうがいいと思います。

3.ことわり方
 「ことわりたい」と思っても、どうことわったらいいのかわからない、ことわるのが難しい、と考えてしまう人もいるでしょう。
 「きょうはちょっと」「忙しくて」「予定があって」「用事があるので」「やりたいことがあって」などで済むことが多いと思います。さらに細かく聞かれても、「いや、ちょっと」「ヒミツ」とか、「ごめん」「すみません」などと言えばたいていは済むと思います。
 ことわり方をあらかじめ考えておくのもいいと思います。

 もし今、ことわりたいつきあいがある人は、何かやりたいことを始めてみてはどうでしょうか。「やりたいことがあるので」とことわることができます。
 趣味でも、習い事でも、何かの勉強でも、夢や目標でも、やりたいことを始めればいいのです。やりたいことをやる時間を増やせば、やらなくてもいいやりたくないことをする時間は自然に減っていくと思います。
 また、やりたいことの中には、ひとりでやることもあります。たとえば、「幸せに暮らす」「自分を育てる」のような目標でもいいのではないでしょうか。それを人に説明する必要はないと思います。

 ことわる理由として立派なことをやらなくてはならない、なんてことはありません。やりたいことの中には、「やすらいだ時間を過ごしたい」「このテレビ番組が見たい」「ゆっくり休みたい」「寝たい」のようなことがあってもいいと思うのです。それは「幸せに暮らす」目標の実践とも考えられます。それを「やりたいことがあるので」とだけ言えばいいのです。

 中には、それでもしつこく問いつめてくる人がいるかもしれません。そういう時にも、「すみません」で押し通せばいいと思います。
 「やりたいこと(予定/用事)って何?」「すみません」
 「私(たち)には言えないの?」「すみません」
 つきあえないことと、言えないことを謝っているのに、それ以上しつこくするのは無理があるのではないでしょうか。プライベートなことで人に言えない(言いたくない)ことがあっていいのです。
 相手と議論してもしかたがありません。ヘタな言い訳はからまれるだけです。ただ「すみません」で押し通したほうがいいと思います。(それで相手がどう思ってもかまわない、と覚悟する)

4.選択のあとが大事
 つきあいをことわるか、ことわらないかは、選択の問題です。
 ということは、どちらを選択してもいい、ということです。

 選んだあとに後悔してしまうから、「ことわれない」と悩んでしまうのではないでしょうか。
 ここでよくないのは、“選択”ではなく“後悔”だと思います。
 何かを学ぶ“反省”の要素がない、ただイヤな気もちになるだけの後悔をするのは、不幸になる考え方です。
 不幸になる考え方は、気づいて、ストップして、切り替え(幸せになる考え方ができ)ればいいのです。
 「後悔してしまう」も参考になさってください。

 もう一つ大事なことは、自分の選択を活かすことです。
 ことわったからには、その時間をやりたいことに使って、それを十分に愉しめれば、「ことわってよかった」と思えるでしょう。
 ことわらずにつきあった場合には、その場を少しでも愉しめるように心がけられたら、と思います。多少の気まずいことがあっても「しかたがないこと」と考え、人づきあいの価値を考えることができたら、と思います。
 自分の選択を「これでいい」と思えるように心がけることが大切です。

 「つきあってもいいし、ことわってもいい」と考えられるようになれば、少しはラクに、マイペースで人づきあいができるのではないでしょうか。

    人間関係の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ