悩みのヒント 心の対策

 一つのミスや失敗を、大きな失敗や挫折にしてしまわないことが大切です。そのためには、心の対策が重要だと思います。

 ミスや失敗をどう受けとめ、どういう心構えをもって、どう対応・対策していくかということを、ここまで書いてきました。
 頭ではわかるけど、実際にはつらい感情が強くてそんなふうにはできないと思った人もいると思います。

 ある程度のつらさはしかたがないと思います。
 でも、心がけしだいで、つらさを軽くすることはできると思います。

 「ミスや失敗はあるもの。しかたがない」「ミスや失敗のあとの、今がいちばん大事」「誠実に対応と対策をしよう」のように考えたのなら、それ以上苦しまないほうがいいのです。
 必要以上に苦しんでしまうのは、ミスや失敗について考えて、自分を責めたり、自分はダメだと思ったりしてしまうからだと思います。それは、自分で自分をいじめているようなものです。
 つらい時には、自分を苦しめないように、自分を助けたほうがいいのです。

 そのためには、ミスや失敗についてあまり考えないように心がけることです。
 ふと思いだしてしまうのはしかたがありません。ミスや失敗について考えてイヤな気もちになっているのに気づいたら、(ハオハオ、ストップ)「これ以上考えるのはよそう」と、その考えをストップできたら、と思います。

 精神的につらい時ほど、心身の健康管理に気を遣うことが大切です。
 つらい時ほどいつもより、休む時間、愉しむ時間、幸せを感じる時間をもつように心がけ、自分の心を支えられたら、と思います。
 気分が落ち込みがちな時には、元気を出すような努力もしたほうがいいと思います。

 そして、職場に限らず、生活を楽しむことが大切です。
 生活を愉しむことが、イヤなことを忘れられること、心を癒すこと、気分転換をすることにつながり、それは仕事にもいい影響を与えられるのではないでしょうか。

    仕事上のミス・失敗

仕事の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ