悩みのヒント 才能がない


 努力をしているのに、結果が出ない、なかなか認められないというような時に、「(自分には)才能がない」と考えて、落ち込んでしまう人がいます。
 「才能がない」という悩みについて考えてみることにします。

1.不幸になる考え方?
 特別な才能は、ほとんどの人にないのが当たり前です。
 「特別な才能がないから自分はダメだ」のように考えるのは、不幸になる考え方です。
 また、才能がある人と自分を比べるのも、不幸になる考え方です。

 「才能がない」などと、自分が考えさえしなければいいのではないでしょうか。
 「才能がない」と落ち込んでもしかたがありません。自分の気もちを低下させ、努力する力を低下させるだけでしょう。

 自分の思い通りの結果が出なくても、努力を続けるか、あきらめて他のことを求めるか、どちらかでしょう。落ち込んで何もしないのが、自分にとっていちばんよくないことなのではないでしょうか。

 幸せになるためには、不幸になる考え方をしないように心がけることが大事です。自分の不幸になる考え方に気づいたら、その考えをストップし、その時にできる幸せになる考え方を心がけることができるようになれたら、と思います。

2.才能と努力
 「才能」は「磨く」ものであり、「才能」をもっていても、それを「発揮」しなければ価値がないのではないでしょうか。

 「才能は磨くもの」です。
 もって生まれた才能(天[賦の]才)は、あるとしても、ごくわずかではないでしょうか。
 才能を磨くためには、努力が必要です。
 自分の才能を磨くために、大した努力もしていないのに、「才能がない」と言うのはどうかと思います。人一倍以上の努力をし続けた上で、「才能がない」と嘆くのはある程度はしかたがないのかもしれません。

 才能をもっていても、それを発揮しなければ、ないのと変わりありません。
 「人(や社会)に認められない」と言う人は、才能を充分に発揮できていないのではないでしょうか。
 自分の才能を発揮するための方法や場を工夫し、努力する必要があるのでしょう。
 それでも、なかなか認められないこともあります。

 才能を磨くためにも、発揮するためにも、努力が必要です。
 たいていの人は、「才能がない」のではなく、「努力が足りない」もしくは「向いていない」と考えたほうがいいのではないでしょうか。

3.努力の過程を愉しむ
 自分は「才能がない」のではなく「努力が足りない」のだと考えるのなら、努力のしかたを考え直してみてはどうでしょうか。

 一つの考え方は、うまくやる努力や人に評価される努力を考えることでしょう。「才能がない」と悩む人には、そういう努力をしていない人はいないと思います。さらに、工夫を重ねていくしかないのではないでしょうか。

 もう一つの考え方は、「努力を愉しもう」と考えることです。
 努力を愉しめることが、いい努力を続けることにつながり、いい結果にもつながりやすいのではないでしょうか。
 たとえ、運悪くいい結果が出なくても、努力の過程を愉しめているのなら、まだいいのではないでしょうか。

 「才能がない」と考えてしまうのは、「いい結果がでない」「人から認められない」と思ってしまうからでしょう。それは、結果を重視しているからとも言えるでしょう。
 過程を愉しむことを重視すれば、結果にあまりこだわらずに続けていくことができるでしょう。
 実際には、努力や工夫を愉しめる人や、そのことがすごく好きな人や、やりたいから長く続けた人が、才能を開花させることが多いのではないでしょうか。
 あせることなく、努力の過程を愉しむことができたら、と思います。

4.自分に合うものを探し続ける
 自分は「才能がない」というよりも「向いていない」のではないかと考えるのなら、向いているものを探せばいいのです。

 ただし、大した努力もしないで、安易に「向いていない」と考えてしまうのは、自分のためによくないのではないでしょうか。
 自分にやりたい気もちがあって、少しでも才能を発揮できる可能性を期待できるのなら、一所懸命に頑張ったほうがいいでしょう。いずれ「向いていない」と判断することになっても、いい経験になるのではないでしょうか。

 一つのことがうまくいかないからと言って、「自分はダメだ」などと、すべてをあきらめてしまうのはよくありません。
 自分に向いているものを探し続けることが大事です。
 いろんな所を探し回れば、それだけ出会いのチャンスもあるはずです。
 「見つからない」とボヤくだけで、本気で探していなければ、なかなか見つからないでしょう。

 本当に強い人とは、「めげない人」「あきらめない人」ではないかと思います。
 そのためには、心に「希望をもつ」ことが大事です。
 希望をもって、少しでも心の中を明るくして、自分に合うものを探し続けることができたら、と思います。

    仕事の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ