悩みのヒント 「ひとり」についての考え方


 「ひとりは寂しい」と考えるか、「ひとりは気がラク」「ひとりならやりたいことができる」「ひとりは楽しい」などと考えられるかによって、感じ方はまったく違ってくるでしょう。

 ひとりの時間を十分に愉しめる人は、「寂しい」とはあまり思わないのではないでしょうか。
 ひとりを愉しむ方法はいろいろあるはずです。楽しいこと/夢中になれること/やすらげること/・・・自分の好きなことをすればいいのです。

 また、やりたいことがいろいろある人も、「寂しい」とはあまり思わないのではないでしょうか。
 ひとりで自由な時間があったらやりたいことがやれます。
 やりたいことは探せばいろいろあるはずです。
 好きな音楽CDを聴いたり、ビデオで映画を観たり、読書をしたり、何かを創作したり、・・・。

 「寂しい」と感じた時は「自由な時」なのではないでしょうか。自由に使える時間があって、自由に何かができるのではないでしょうか。
 やることが何もないのなら、ひとりを愉しむ方法や自分のやりたいことを考えてみるのもいいと思います。それは今後に「寂しい」と思わないためにも、幸せになるためにも役立ちます。

 ひとりの時は、「確実に幸せを感じられる時間」とも考えられます。自分の幸せになる方法を実践できます。自分を幸せにすることも何かできるのではないでしょうか。
 ひとりの時は、何かを勉強したり、「自分を育てる時間」にも使えます。いろんなことを学んだり考えたりすることができます。本やこのHPなどを読んだりして、自分が幸せになるためのヒントを見つけられたら、と思います。


    寂しい/孤独感に悩む

生きる悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ