悩みのヒント 家族を変えたい


 家族の心配をするのはいいことです。でも、そのために自分が幸せに暮らせないようではよくないでしょう。
 家族の誰かの心配をし、その人の悪いクセや習慣(考え方や言動)を変えたい、さらには性格や生き方を変えたいと思い、苦心する人がいます。
 「家族を変えたい」という悩みについて考えることにします。

1.どういう問題?
 その家族が今のままだと、どういう問題があるのでしょうか?

 今現在、自分もしくは誰かが迷惑しているのでしょうか。
 そうだとしたら、「まわりに迷惑をかける人がいる」を参考にしていただけたら、と思います。

 このままでは将来、その家族が自分もしくは誰かに迷惑をかけるのではないか、と心配しているのでしょうか。
 そうだとしたら、基本的には、その時になってから真剣に考えればいいのではないでしょうか。今あまり心配するのは、自分の今を大切にしていないのではないでしょうか。

 今現在、その家族が不幸で、それを助けてあげたいのでしょうか。
 その場合には、その家族の相談にのってあげて、自分のできる範囲で協力してあげることができたら、と思います。

 今のままでは、その家族が幸せでない、これからも幸せになれないと思うからでしょうか。
 その家族が幸せになれるかどうかは、基本的には本人しだいでしょう。
 そういう意味では、その家族が自分で幸せになれるように、その人が変わってくれればいいのでしょうが、・・・。

 いずれにしても、(少なくとも成人した)家族の問題・生き方・幸せは、本人の問題です。

2.本人の意思と希望
 人を変えることはとても難しいことです。自分を変えるよりもはるかに難しいでしょう。
 と言うよりも、本人が「自分を変えよう」と思って努力しない限り、無理なのではないでしょうか。
 ましてや、その人を幸せにするためには、本人の心を尊重することが肝心です。

 人はみんな、それぞれに心をもっています。
 自分の考えや望みをもっているのです。
 それぞれに好みや価値観をもち、自分の幸せがあるのです。

 その家族の幸せを思って、その人を変えてあげたいという気もちはわかりますが、それが本人の意思や希望にそぐわなければ、そのようにその人を変えることはできないのではないでしょうか。
 自分を変えようとする人がいたら、誰でも心の中に抵抗があるでしょう。それが自分の望まないことなら、なおさらでしょう。

3.自分にできること
 その家族の幸せのために「相手を変えたい」と思った場合に、自分にできることは何でしょうか?

 まず第一は、「話を聞いてあげる」ことだと思います。
 その中で、相手の意思や望みがわかればいいでしょう。
 話の聞き方については、「聞き上手になりたい」を参考にしてください。
 相手の話をよく聞くことができれば、相手との関係が親密になり、自分の言うことも少しは聞いてもらいやすくなるでしょう。

 相手の意思や希望を変えるための「アドバイス」は、とても難しいと思います。
 言い方によっては(言っている内容に関わらず)反抗されるでしょう。(誰でも「私を変えようとしないで」という隠れた思いがあるのです)
 「アドバイス」というよりも、「いっしょに考える」というスタンスがいいのではないかと思います。

 相手の望みがわかれば、「望みを叶える手助け」ができるかもしれません。
 ただし、あくまでも手助けであって、やるのは本人であることを忘れてはいけないでしょう。
 「頑張って」などと声援し、頑張っている時にはほめ、落ち込んだ時にはなぐさめ、いい結果がでたらいっしょに喜び、望みが叶ったら祝福してあげる。
 このような心のサポートがいちばんうれしいのではないでしょうか。
 自分の力で成し遂げたという自信をもてるようにすることが、相手の成長や幸せにつながるのだと思います。

 相手の望みがわからない、何か言うと反発される、まともに話ができないというような状況では、「見守る」しかできないのかもしれません。
 無理に自分の考えを押しつけようとしても、関係が悪くなるだけでしょう。
 「見放す」のではなく「見守る」ことができたら、と思います。
 相手が困った時にはには、助ける覚悟をしておけばいいでしょう。
 相手から助けを求めてきた時には、相手を助け、相手を変えるチャンスです。
 ちゃんと見守っていれば、そういう時機を見逃さずにすむでしょう。

 もう一つ自分にできればいいのは、「相手を幸せにする」ことです。
 ふだんの生活の中で、やさしい気もちや思いやりの気もちをもって接し、思いついたことやチャンスがあれば、相手をちょっとでも幸せな気もちにできることを実践できればいいでしょう。
 そういう気もちが相手に伝われば、相手との関係も改善し、ちゃんと話もできるようになるのではないでしょうか。

4.力を抜く
 家族の幸せを願うことはいいことです。
 でも、人を変えることは、家族でも難しいことです。
 ムリに変えようとすれば、関係が悪くなって、共にイヤな思いをしてしまうかもしれません。
 自分は「相手のため」と思っていても、相手にとっては「口うるさい家族」と思うだけかもしれません。

 自分にできる範囲で、ムリをしないで、家族の力になれたら、と思います。
 そのためには、少し力を抜いて考えることが必要なのではないでしょうか。
 また、家族のことを心配するあまりに、自分が幸せに暮らせないようではよくないでしょう。人の心配はほどほどにして、自分の幸せを大切にすることも大事でしょう。

    人間関係の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ