悩みのヒント まず現状を受け入れる

 「人づきあいが苦手」と悩む人は、まずは、今を苦しまないための考え方ができたら、と思います。
 「私は人づきあいが苦手だ。自分はダメだ」などと、ただ自分を責めたり落ち込んだりしていてはつらいだけです。

 今を苦しまないためには、まず現実を受け入れることです。
 「(今は)人づきあいが苦手だけど、それはしかたがない(ハオハオ)」。
 さらに、「そのままでいいよ」と思えれば、ラクになれると思います。
 「ここは、そのままでいいよ」と考えるか、「今は、そのままでいいよ」と考えればいいでしょう。

 「ここは、そのままでいいよ」というのは、幸せ(になる方法)は他にもあるということです。
 人づきあいは苦手でもいい。そのために、友達が少なくてもいい、人づきあいで多少イヤな思いをすることがあってもしかたがない(と覚悟する)。その代わりに、自分は自分の幸せを大切にしよう、自分の夢をもって生きよう、愛する人を幸せにしようなどと考えられればいいのです。
 「ここはそのまま(人づきあいは苦手)でもいい」と考えられれば、もう「人づきあいが苦手」と悩む必要はありません。人づきあいがうまくできるように頑張って努力しなくてもいいのです。

 「今はそのままでいいよ」というのは、人づきあいがうまくできるようにこれから努力していこうということです。
 苦手なものが急にうまくなることはないでしょう。だから、今はまだいい(しかたがない)のです。
 でも、「努力を続ければ少しずつできるようになる」と考えられればいいのです。
 少し力を抜いて、「人づきあいがそれなりにできるようになれたらいいな」ぐらいの目標をもって努力を続けていけたら、と思います。

 まずは現実を受け入れ、希望がもてるように考えることができたら、と思います。


    人づきあいが苦手

人間関係の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ