悩みのヒント 人づきあいが苦手

 「人づきあいが苦手」と悩む人がいます。人づきあいの中でイヤな思いをすることも多く、そんな自分を責めたりダメだと思ったりしてしまうこともあります。
 なんとかしようと努力しても、うまくいかずに落ち込んでしまうことも多いのではないでしょうか。
 つい、人づきあいを避けてしまい、孤立して寂しい思いをしてしまうこともあります。このままの将来に不安を感じてしまう人もいます。

 人づきあいをイヤ/苦手/避けたいという気もちと、本当はいい人づきあいをしたいという気もちがあるのだと思います。

1.まず現状を受け入れる

2.人づきあいが苦手な人

3.人づきあいに対する考え方

4.心の目標をもって努力を続ける


 また、「人間関係を良くする方法」をヒントに、自分なりの目標をもって努力を続けていっていただけたら、と思います。

 「人づきあいが苦手」だからと、人づきあいから逃げてしまうばかりでは自分のためによくないと思います。逃げてもいい、逃げたほうがいい場合もあると思いますが、大切にしたほうがいいつきあいも多いと思います。
 多少問題があっても、つきあいを続けたほうがいいと思います。
 特定の相手とのつきあいをやめてもいいですが、そのために他の人とのつきあいまで避けないほうがいいと思います。
 人づきあいをやめてしまうと、ますます苦手になってしまうのではないでしょうか。

 望ましいのは人づきあいを愉しめることでしょう。(「人づきあいを愉しむ」ことについても今後に考えてみようと思います)
 人間関係の中で自分の幸せになる方法を実践できたら、いちばんいいのではないでしょうか。それができるのが「人を幸せにする」ことです。人を喜ばすことや、人の役に立つことや、人を幸せにすることを考え・実践できる人づきあいができればいいのです。(「人を幸せにする」ことについては、「愛について」を参考にしていただきたいと思います)

 人づきあいが苦手な人は、苦手を克服しようと考えるより、人づきあいの中で「愉しもう」「幸せになることをしよう」と考えたほうがいいのかもしれません。


    人と会話するのが苦手

人間関係のヒント

人間関係の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ