悩みのヒント 容姿にコンプレックスがある


 自分の顔や体型や頭髪など、容姿にコンプレックスがあり、悩む人がいます。
 そのために、人づきあいで気を遣いすぎて疲れてしまったり、人間関係を避けてしまう人もいます。
 また、コンプレックスがあるために、将来を悲観してしまう人もいます。
 「容姿に関するコンプレックス」について、考えてみることにします。

1.自分の心の問題
 コンプレックスは、「自分が気にしなければいい」と言われます。確かに、他人にとってはどうでもいい問題で、実際に人は自分の容姿についてあまり気にしていないのでしょう。
 ましてや、容姿に関しては自分ではどうしようもない部分が多いのも確かです。
 自分がそのことを考えなければ問題はないのでしょうが・・・。

 コンプレックスでいちばん大きいのは、自分の心の問題だと思います。
 そのことをつい考えてしまい、つらい思いをしてしまうことです。

 まずは、コンプレックスがあることを受け入れることだと思います。
 コンプレックスがあってもいい。(しかたがない、でも自分には他にいい所もある)
 つい気になってイヤな気もちになってしまうのもしかたがない。(無意識なのだから)
 否定的な考えをしてしまうのもしかたがない。(気づいてそこでストップできればいい。そのためには、「自分にはコンプレックスについて考えてくよくよするクセがある」と考えてみてはどうでしょうか)

 まずは、コンプレックスのことで、自分で自分をいじめないように気をつけることが大切です。

2.人からどう思われるか
 容姿にコンプレックスがあるのは、人からよく思われないのではないか、人(特に異性)から好かれないのではないか、という思いがあるからではないでしょうか。
 確かに、そういうこともあるとは思います。人の第一印象は容姿によって左右される部分が多いでしょう。また、容姿だけで人を判断するような人もいます。
 でも、容姿だけで人を決めつけるのは、その人が悪いのです。そんな人がいたとしても、相手にしないほうがいいのではないでしょうか。
 大半の人は、容姿だけで人を判断したりはしません。ましてや、つきあいが長くなれば、容姿の比重は減り、人柄の比重が高くなります。

 恋愛に関しては、好みのタイプというのが人それぞれにあると思います。
 でも、「好みのタイプとは違ったけど結婚した」という人はたくさんいます。
 これから結婚する人に「相手のどこがいいの?」と聞いたら、「やさしい所」という答えがいちばん多いような気がします。

 容姿にコンプレックスがあるからいい出会いができない、と言う人の問題なのは、コンプレックスのために人づきあいが消極的になってしまうことだと思います。人と接する時に自分(のいい所)を出せなかったり、人づきあいや出会いを避けてしまったりすることです。
 そのことが、容姿よりも、相手に与える印象を悪くしたり、出会いを活かせない原因としては大きいのではないでしょうか。

 容姿にコンプレックスがあると自覚しているのなら、なおさら、それ以外の自分のいい所を出せるように心がけたほうがいいのではないでしょうか。

3.心をどこに向けるか
 容姿を気にすることは、人からどう思われるかを気にしているのだと思います。
 それよりも、自分が人をどう思い、どうするかを考えたほうがいいのではないでしょうか。

 「人を愛する(人を幸せにする)」ことを考えてみてはどうでしょうか。
 人を幸せにすることを意識していれば、コンプレックスを意識しなくてすむのではないか、ということです。
 自分が人を幸せにすることができれば、相手が自分に好意をもつことは充分に考えられます。(自分を幸せにしてくれる人がいたら、その人を好きになりそうな気がしませんか?)

 自分が幸せにしたい人を愛すればいいのです。
 それ以外の人には、特に何かをする必要はないということです。
 また、それ以外の人にはどう思われてもいいのではないでしょうか。特に、容姿で人を決めつけるような人には。

 人が自分をどう思うかよりも自分が人をどう思うかを大切にすることが、自分の容姿のコンプレックスを克服する方法でもあると思うのです。
 人を愛することについては、「愛について」を参考にしていただけたら、と思います。

 もう一つのコンプレックス克服法は、夢や目標ややりたいことに心を向けることです。
 コンプレックスについて考えるヒマがあったら、自分のやりたいことをやったほうがいいでしょう。夢中になってやっていれば、コンプレックスなどのイヤなことも忘れられます。
 やりたいことをやっていく中で、生活を愉しめたり、自信がもてたりすることで、コンプレックスは克服できるのではないでしょうか。

 容姿などのコンプレックスにとらわれないように、自分の心をいいほうに向けることができたら、と思います。

4.幸せになれない理由
 「容姿にコンプレックスがあるから、(私は)幸せになれない」と思い込んでいるような人もいます。
 幸せになれない理由は、容姿でしょうか? 幸せになれないと思い込んで幸せになるための努力をしないからでしょうか?

 と、またきびしいことを書いていますが。
 容姿にコンプレックスがあってもいい(しかたがない)、容姿で損をすることもあるかもしれない。そういうことを受け入れた上で、自分の幸せになる方法を考えたほうがいいのではないでしょうか。
 コンプレックスをバネ(心のエネルギー)にして、コンプレックスがあるからなおさら、自分の力で幸せになってやるぐらいに思えたらいいのでしょうが。

 コンプレックスのために自分の幸せをあきらめてしまうのは、自分のためによくありません。
 もっと自分を大切にしてあげたほうがいいと思うのですが。

    自分の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ