悩みのヒント 不眠の悩み「眠れない」


 「眠れない」と悩む人がいます。「眠れない」ことを意識してしまうと、ますます眠れなくなってしまいます。
 「眠れない」ために、朝気もちよく起きられなかったり、昼間に眠くなってしまうことを苦にする人もいます。
 「眠れない」という不眠の悩みについて、考えてみることにします。

1.一般的な不眠対策
 ネット上で、不眠・快眠に関する情報を検索したら、良さそうなページがたくさんありました。
 たとえば、「よく眠れない」(健康ネット)には、不眠に関する一般的なことがわかりやすく書かれています。
 また、健康ネットの「快適な睡眠」「睡眠と健康」には、より詳しい対策がいろいろと掲載されています。
 挙げるとキリがありませんので、役に立ちそうなリンク集(快眠推進倶楽部)を紹介して終わりにしておきます。

 不眠に関する情報を知ることはいいことだと思います。
 少なくとも、こういうことはしないほうがいい、とわかるでしょう。

 不眠と言っても、人によって様々な原因があるのだと思います。
 自分に合いそうな対策を見つけて、いろいろ試してみてはいかがでしょうか。自分の役に立つ方法が一つでも見つかれば、と思います。

2.眠れなくてもいい
 眠れない原因は、「眠らなきゃ」というあせりが大きいそうです。
 また、「眠れない」と悩むのも、「眠らなくてはいけない」と思っているからでしょう。
 「眠らなくてもいい」と考えることができれば、あせることも、悩むこともないのです。

 「眠らないと、次の日に悪影響がある」と思われるでしょう。
 人は一晩ぐらい寝なくても、たいていは大丈夫なはずです。
 不眠で眠れないと言いつつも、それなりに生活できているのではないでしょうか。

 寝起きが気分悪いのも、昼食後にすごく眠くなるのも、不眠の人に限ったわけではありません。ちゃんと寝ていても、そういう人はたくさんいます。
 眠くなったら、その時々に工夫すればいいのではないでしょうか。

 まずは、「(一晩ぐらい)眠れなくてもいい」と考えられるようになれたら、ラクになると思います。
 気もちがラクになれば、それまでよりも眠れるようになるのではないでしょうか。

3.寝たフリ
 「眠れなくてもいい」とは言っても、いつも睡眠不足では、気分も悪くなりやすく、幸せに暮らすことも難しくなるでしょう。
 そこで、睡眠不足を補う方法として「寝たフリ」というのを紹介することにします。

 寝たフリは、まず、昼間にする20分〜30分の仮眠に有効です。
 イスに座ったまま机の上に上半身を伏せて(横になれれば、なおいい)、ぐっすりと眠っているフリをすればいいのです。(要領は、次に書く夜の寝たフリと同じです)
 あやまって寝過ごしてはいけない人は、タイマーをセットしておいたほうがいいでしょう。

 また、寝たフリは、眠れない夜にも有効です。
 睡眠の代用になります。また、寝たフリをしているうちに本当に眠ってしまうこともよくあります。
 「フリ」ですから「眠ろう」としなくていいのです。本当に眠ってしまったら、それに越したことはないでしょう。

 夜の寝たフリは、フトンの上に横になったまま、ぐっすりと眠っているフリをすればいいのです。
 まずは、大きな呼吸を心がけます。ゆっくりとたっぷり息を吸ってから、寝息が少し聞こえるぐらいに吐き出します。息を吐く時に、身体の力をさらに抜くようにイメージします。
 何も考えないように、呼吸に神経を集中し、リラックスすることを心がけます。何かを考えてしまいそうな時には、「ねむーい、ねむーい」と心の中で言えばいいでしょう。
 熟睡のフリがうまくできれば、それだけいい休息の効果があります。

 目安としては、30分以上続けられたら、と思います。長ければ長いほどいいのでしょうが、やはり飽きますから、30分以上続けたら、他のことをしてかまいません。本を読んだり、音楽を聴いたりして、ゆったりとした時間を楽しめたらいいでしょう。30分から1時間ぐらい他のことをしたら、また寝たフリをします。途中で少しでも眠くなった時には、寝たフリを始めれば眠れることがよくあります。
 眠れなくても、朝まで半分寝たフリをすれば、昼間多少眠くても大丈夫だと思います。うまく寝たフリができれば、身体も頭も、それなりに休めることができます。

4.幸せを感じる時間
 どうしても眠れない時には、「眠らなくてもいい」と決め、「どうせ眠らないのなら幸せになれることに時間を使おう」と考えてみてはどうでしょうか。
 「眠れない時」を「幸せを感じる時間」として使えばいいのです。

 「幸せを感じる時間」にする方法は、横になったまま、目を閉じたまま、「幸せなことを考える」だけです。
 自分が今もっている幸せを想い出す、最近幸せだったことを想い出す、過去の幸せを想い出す。
 夢や目標がある人は、夢や目標が叶ったらいいなと思う、目標を達成する方法を考える、夢や目標が達成した時やその後の幸せを想い浮かべる。
 愛する人・幸せにしたい人がいる人は、その人のことを想い浮かべる、その人を幸せにする方法を考える、その人といっしょの幸せな時を想い浮かべる。
 他にも、幸せな気もちになれることなら何でもかまいせん。幸せなことを考えて、少しでも幸福感を感じられればいいのです。
 「幸せを数える」「幸せをつなぐ」も参考にしてください。

 この方法は、寝たままでできますから、身体を休めることができます。
 幸せを感じられれば、心(身)の健康にもいいのではないかと思います。
 幸せを感じる時間は、幸せを感じる練習にもなります。自分の幸せをいろいろと見つけ、それを想い浮かべて幸せを感じることで、実生活の中で幸せを感じやすくなります。

 幸せを感じられると、リラックスしてきて、いつのまにか眠ってしまうこともあります。
 そのまま眠らないで、朝まで幸せを感じて過ごせば、幸せな気分で1日を始めることができます。

5.眠れぬ夜の過ごし方
 不眠を苦にしてしまうのは、夜、「眠らなきゃ」とあせって、「眠れない」とイライラしたりして、眠れぬ夜を過ごしてしまうからでしょう。
 そこで、「眠らなくてもいい」と考えて、それなりの過ごし方を工夫すればいいのではないでしょうか。

 まずは、床に就いた時に、「幸せな気分で眠りにつく」ように心がけることをおすすめします。
 その日にあったイヤなことを思い出したり、明日の心配をしているようでは、なかなか寝つけないのではないでしょうか。

 そのうちに、ふと「眠れない」と思った時には、「眠れなくてもいい」と考えましょう。
 その代わりに明日のために、心身を休めるように「寝たフリ」を30分以上しましょう。
 ちょっと休んだら、起きて読書などを30分ぐらい楽しむか、幸せを感じる時間を過ごしましょう。
 3つを適当に繰り返せばいいのです。(実際にはその中で、眠れてしまうことが多いと思います)

 朝が近づいた時には、幸せを感じる時間にしたほうが、身体を休められるし、気分よく朝を迎えられるのでいいでしょう。
 朝まで眠れなくても、「幸せをたくさん感じられたし、いい休息を十分にしたので、よかった」と思えるはずです。
 昼間眠くなったら、その時に工夫すれば、なんとかなるでしょう。
 次の夜には、ぐっすりと眠れるのではないでしょうか。

 眠れないことを苦にせずに、いい(幸せな)眠れぬ夜を過ごせたら、それでいいのではないでしょうか。
 こんなこともヒントに、自分なりの不眠対策を工夫していただければ、と思います。

幸せのホームページ 悩みのヒント 自分の悩み