悩みのヒント 人づきあいが苦手な人

 「人づきあいが苦手」という人の中でまず多いのは、「人と会話するのが苦手」な人だと思います。人づきあいの中で「自分を出せない」と悩む人もいます。
 会話や自己表現が苦手でも人づきあいはできます。あまり苦にしないほうがいいと思います。
 もちろん、会話が自己表現が自分らしくできるように努力するのはいいことです。でもそのためには、時間がかかるものと考え、少しずつ上達できるように努力を続けられたら、と思います。

 「人づきあいが苦手」という人の中には、「人と親しくできない」「親友がいない」と悩む人もいます。
 「誰とでも親しくつきあえなくてはいけない」と思うのはムリがあると思います。また、親しい関係にこだわりすぎるのも問題があります。
 親しい友達がいなくても幸せに暮らすことはできると思います。
 でも、誰にでも自分と合う人、親しくなれる人はいると思います。いい出会いがあることに希望をもっていたほうがいいと思います。

 「人づきあいが苦手」な人の中には、傷つきやすい人が多いような気がします。人間関係の中で傷つくことが多く、自分からつきあいを引いてしまうことも多いのではないでしょうか。
 人づきあいの中でイヤな思いをしてしまうことはあると思います。それはある程度しかたがないのではないでしょうか。
 いやなことがあっても、あまり傷つかないようになれたら、と思います。
 そのために、「強くなりたい」と考え・努力するのはいいことだと思います。

 「人づきあいが苦手」という人の中には、人間関係に過敏で考えすぎの人もいます。人とのちょっとしたことが気になって、いろいろ考えすぎて、ひとりで悩んでしまいます。
 人づきあいで「気まずいことはあるもの」と考えて小さいことはあまり気にしないようにし、余計なことは考えないように心がけたほうがいいと思います。また、イヤな人といっしょでない時には、イヤな人のことは考えないようにしたほうがいいと思います。

 「人づきあいが苦手」という人の中には、人づきあいの価値を感じられないという人もいます。「会話が楽しくない/楽しめない」という人もいます。
 人づきあいよりも優先したいことがある、人づきあいがなくても寂しいと思わないという人は、それでもいいと思います。
 でも、人づきあいにはいろんな価値があるのだと思います。時には、「なんのための人づきあいか?」と考え、人づきあいの価値を再認識してみるのもいいと思います。


    人づきあいが苦手

人間関係の悩み

悩みのヒント

幸せのホームページ